飛行機にのって旅するだけで

どこかの土を掘っている

どこかの木を切っている

どこかの虫が死んでいる

油をとりだすために

 

大自然が未来永劫あってほしいと願いながら

それでも旅する

罪深きは自分

人類という歯車の一部