ふらっとあーすどうが

The Lost History of Flat Earth part FULL (1-7) - YouTube

イオンの流れと磁場の相互作用を利用してマイクロ波を発生させる真空管と、中空の対称形真空管を介してマグネトロンを動作させる空洞共振器。
当社のマイクロ波はすべてマグネトロンを内蔵している
マグネトロンは中空の対称形真空中で動作する
マグネトロンは強力なマイクロ波を放射し、フリーエネルギー源として機能する。もし対称性を崩したり、真空を閉じたりすると、機能しなくなる。
しかし、これらの構造が似ているのがわかりますか?
これらの構造物は、その中にガラスを入れることを想定していませんでした
制御装置は、マグネトロンの機能を停止させるために、バラ窓にステンドグラスを追加したのです。
我々のフリーエネルギーの道具を閉じたのだ
これらの構造物のどこにでもある
興味深いことに、構造物全体の断面の形状を見ると、エネルギーを発生させる空洞マグネトロンのように全体が機能していたことが明らかになります 空洞マグネトロンは、中央に加熱された円形の金属室があり、そこから電流が出ていて、それをカソードと呼びます。
カソードという言葉を見て、他の言葉を連想しませんか?
カテドラル
カソードは、他のすべてのものと同様に、彼らは真実を堕落させ、明白な視界の中で物事を隠す。
空洞マグネトロンに不可欠な陰極のほとんどをコントローラが取り除いてしまったのだ。
しかし、今日、古い陰極の痕跡が残っている構造物がいくつかある。
これらの構造の中で対称性と空洞に大きく依存しているのは偶然ではありません。
対称的な装飾は、エネルギー粒子を一定の方法で振動させるという同様の方法で機能していたでしょう。
正方形の中の花は、音響共振器に似ていると理解できる。
イオンを振動させる働きがあり、ここでエネルギーが特定の周波数の振動エネルギーや電磁エネルギーに継続的に操作されていたと考えられます。
この見事な音響共振器をよく見てください
今日、手作業でこのような高さのものを作ることができるでしょうか? なぜ、未発達の人々がこのような完璧な対称の装飾品を作るために多くの時間を費やしたのでしょうか?
特にそれが機能を持たず、純粋に禁欲的なものであるならば
空洞共振器もマグネトロンもなかっただろう。
空洞共振器やマグネトロンは、これらの構造物の中にある中央エンジンや原子炉と連携していなければならなかったでしょう。
共振器も原子炉も
おもしろい言葉
コンダクター・ジェネレーター・クリエーター・メルカトールという名前のように、これらはすべて言語構造の中にtorという言葉を含んでいます。
それらは言語的な記憶を持ち、牡牛座やトロイダル・フィールドに敬意を表しています 牡牛座は電磁気の流れであり、このエネルギーの流れがなければ地球上に生命は存在しないでしょう 誰も本当のところはわかりませんが
しかし、このエンジンは核融合炉に似ているのではないかという意見もある。
これらのエンジンの痕跡は、すべてのラガー・ジェネレーターに見られます。
エンジンがあった場所の空っぽの殻は、通常は
いつもではないが、八角形をしている。
制御装置はエンジンを取り外し、そのスペースを洗礼堂やバンドスタンドとして再利用することもある。
時には、基地を不毛の地にしたり、エンジンを隠そうとしたりする。
これらの八角形の構造物は、大聖堂や政府機関の建物、モスクや付属のバンドスタンドなどに見られます。再利用されない限り、これらの構造物は全体的な機能を持たず、全体の構造に貢献していないように見えます。
余分なもの、不必要なものに見える
エンジンや中枢技術のメカニズムがトカマクに似ているという説が浮上していますが、私はこの説には賛成しません。
その理由はこの後の旅で明らかになりますが
その理由は後ほど明らかになりますが、今は説明のために使用しています。

タカマクは磁場を利用してプラズマを発生させる強力な装置で、アソーラという形をしています。
もし旧世界の人々がトカマクの能力に近いものを使っていたら、その結果、都市全体や地球全体に燃料を供給できるような、無料でパワフルでクリーンな電磁エネルギーが豊富に得られたことでしょう。
それらは教会や大聖堂、城や国会議事堂ではなく
それらはすべて巨大なエンジン発電機でした。

支配者たちはこれらの建築物の様式を説明するためにルネッサンスグレコ・ローマンなどのラベルや用語を作りましたが、ご覧のように、これらの壮大で不可能な構造物は、時代や文化を問わず、すべて同じ基本的な構造原理とデザインを共有しています。これは、エネルギーを生成することだけを目的として作られたからです。
過去の文明は、他に類を見ないほど、源や聖霊エーテルとの関係を持っていました。
発電機を作ることで敬意と尊敬と感謝を捧げていたのです。
それだけではなく、彼らの生活様式を可能にしたエネルギー生産への敬意を込めて、この贈り物への敬意を込めて、構造物全体に彫像や装飾を作ったのです。
月桂樹の葉は、悪魔の支配者がそのシンボルを流用し、アポロとルシファーを表すように変えてしまったが、実際にはトロイダル・コイルであり、旧世界のインフラ全体でトロイダル・コイルを見ることができ、同時に両方の機能を持っている。
機能とその称賛の両方を持つ
電磁コイルは電気伝導体である
発電機、モーター、インダクタ、トランスなど、電流が磁場と相互作用する用途で使用されている。
ほとんどのコイルは、トロイダルコイルまたはスパイラルの形をしている。
ワイヤーコイルは、磁石と組み合わせて使用され、強力な電子磁気を発生させます。ワイヤーの巻き数が多いほど、強い磁場が発生します。

柱やロタンダは強力なコイルで電磁気を発生させ、ループ状に電流を流すために使われていたのです。
トーラスは王国中のほとんどの円柱の根元にあります
トーラスはどこにでもあります 電線の電気の動きと同時に発生する磁力を見てください
これはまさに円柱の形であり、巨大で細心の注意を払って作られたすべての円柱にこの形が見られます。
だからこそ、多くの柱の上部に磁場が表現され、トロイダル・ボルテックスが見られるのです。
磁界の中のイオンの動きです。
トロイドとトロイダルボルテックスの動きです。

 

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

vacuum tube that generates microwaves using the interaction of a stream of ions with a magnetic field while in the cavity resonator a magnetron operates through a hollowed symetrical vacuum
All of our microwaves have magnetrons inside
Magnetron operates through a hollowed symmetrical vacuum
it emits powerful microwaves that than act as a source of free energy if you break the symmetry or close the vacuum it no longer functions
but can you see the resemblance these structures
were never intended to hold glass within them
the controllers added the stained glass to the rose windows to shut off the magnetron's function
they closed our instruments of free energy
and they are everywhere in these structures
interestingly if you look at the geometry of entire sections of the structures themselves then it becomes very evident that they functioned in their entirety like a cavity magnetron to generate energy all cavity magnetrons consist of a central heated circular metal chamber in which the current leaves and it's called a cathode
look at the word cathode does it reind you of another word
cathedral
cathode like with everything else they corrupt the truth and hide things in plain sight
the controllers removed most of the cathodes integral to these cavity magnetrons
but there are some structures today in which you can see traces of the old cathode still present
the heavy reliance on symmetry and cavities within these structures is not coincidental
the symmertrical ornamentation would have worked in a similar manner causing the energetic particles causing the energetic particles to vibrate in a constant manner
the flowers within the squares can be understood as similar to acoustic resonators
working to vibrate the ions it is here that the energy would have been continually manipulated in to vibrational and electromagnetic energy of specific frequencies
really look at these magnificent accoustic resonators
could you craft one of these by hand today and at such height why would an underdeveloped people spend so much of their time crafting such perfect symmetrical ornamentation
especially if it had no function and was purely ascetic
they wouldnt the cavity resonators and magnetrons
would have had to have worked in partnership with central engine or reactor contained within all these structures
both resonator and reactor are
interresting words
just like the words conductor generator creator and the name mercator they all contain the word tor withing their linguistic structure
they hold a linguistic memory and pay homage to the taurus or toroidal field the taurus is the flow of electromagnetism without this flow of energy there would be no life on earth no one can really know for sure
but some have suggested that the engine was probably similar to a fusion reactor
the traces of these engines can be found within all of the lager generators
the empty shell of where the engine used to reside is usually
but not always octagonal it(s been right in front of our faces the whole time
the controllers remove the engines sometimes repurposing the space as baptisteries and bandstands
sometimes just leaving the base either barren or attempting to cover them up
we see these octagonal structures in cathedrals govermment building mosques and attached bandstands and unless they have been repurposed these structures seem to hold no overall function they do not contribute to the overall structure
they appear superflous and unnecessary
theories have surfaced that the engines or central technological mechanism was similar to a tokamak and while i do not subscribe to this idea
which will become evident as to why later in our journey
for now we will use it for illustrative purposes

a takamak is a powerful that uses a magnetic field to produce plasma in the form of atauras the contemporary tocomax we see are used in thermonuclearfusion power
the tokumax toroidal field in conjunction with the vibrating ions from the ether would have produced a highly conductive electromagnetic field of gases called plasma just like our sun and ionosphere if those of the old world used anything closely resembling a tokamak's capability then the result would have been an abundance of free powerful clean electromagnetic energy that could fuel entire cities and the entire earth
these were never churches cathedrals castles and parliament buildings
they were all huge engine generators

the controllers invented labels and terms such as renaissance greco roman and so on to describe the style of these structures but as you can see all these magnificent impossible structures all share the same fundamental structual priciples and design despite location time period and cultures and this is because they were created with the sole purpose of generating energy and just because these structures were never used for prayer and worship does not mean they were not holy sites
the civilizations of the past had a relationship with the source and the holy spirit or the ether like no other
and they paid homage reverence and thanks to it by constructing their generators
with such splender and beauty and not only that but they constructed the entirety of their structures statues and ornamentation in reverence of this gift in reverence of the energy production that made their way of life possible in the first place
the laurel reef with the satanic controllers have corrupted in their appropriation of the symbol and redesignation of it to represent apollo and lucifer is in fact a toroidal coil and we see the toroidal coil throughout the old worlds infrastructure a simultaneously having both a function
and a celebration of this function
electromagnetic coils are electrical conductors
there are used in applications where electric current interacts with a magnetic field in devices such as generators motors inductors and transformers
most coils take the form of a toroidal coil or spiral
wire coils are used in conjuction with a magnet to produce powerful electronic magnetizm more turns of the wire the stronger the magnetic field coils generate vortexes which in turn create an electromagnetic field its all one interconnected system

and we see it everywhere this is what columns and rotundas were used for powerful coils to generate electromagnetism and carry the current in loops
the torus is found at the base of pretty much every column found throughout our realm
it is everywhere look at the movement of electricity for a wire and the simultaneous magnetic fielt it produces
this is exactly the shape of a column and we see this present in all of these gigantic and meticulously crafted
this is why we see the magnetic field represented at the top of a lot of columns and the toroidal vortex
its the movement of the ions in the magnetic field
its the movement of the toroid and toroidal vortex

 

 

 

 

Florence cathedral has one of the largest resonators in the world
Its engine was so large
It was located outside of the structure
Its known today as a baptistery
nave 身廊
aisle 通路
campanile 鐘楼
crossing with dome
chapel
apse 祭壇の後ろ