80’s

「ランゲルハンス島の午後」を読んでいる。

文庫でなくて大型本。

むかしクラッシーという雑誌に連載されていたものの書籍化。

安西水丸の絵に添えられた肩の凝らない文章、という感覚で村上春樹を読んでいた。

だから文庫より大型本こそがお薦め。

ひさしぶりに読むといろいろ気づく。

あのころはコンビニもなかったしスタバもなかった。

海外旅行も今ほど一般的でなかったしKALDIもなかった。

ワープロ全盛。パソコンもなかった。

なんとのどかで素朴な世界に生きてこれたんだろうという気持ち。

時代が過ぎて得たものは多いけど失ったものも多いな。

過去に生きる気はないけれど。

と、まあありきたりな感想ではある。

退屈。

 

ランゲルハンス島の午後 (新潮文庫)

ランゲルハンス島の午後 (新潮文庫)