あるやなしや

ジョセフ・コンラッドが書いているように、真の恐怖とは人間が自らの想像力に対して抱く恐怖のことです。                

                       神の子どもたちはみな踊る~p.143

ドストエフスキーは神に見放された人々をこのうえなく優しく描きました。神を作り出した人間が、その神に見捨てられるという凄絶なパラドックスの中に、彼は人間存在の尊さを見いだしたのです。            

                       神の子どもたちはみな踊る~p.154

 

神の子どもたちはみな踊る (新潮文庫)

神の子どもたちはみな踊る (新潮文庫)

 

  

アンナ・カレーニナ 完全版

アンナ・カレーニナ 完全版

 

 

白夜 (角川文庫クラシックス)

白夜 (角川文庫クラシックス)

 

  

闇の奥 (光文社古典新訳文庫)

闇の奥 (光文社古典新訳文庫)