しがいせんりょうほう

バイオレットレイは、かの有名な科学者ニコラ・テスラによって開発されました。

テスラコイルのバイオレットレイ技術は、皮膚を貫通してオゾンを生成し、体内の細胞内で殺菌剤として働くことができます。

オゾンが細胞内のCoVid19を死滅させるという研究結果が出ています。
光の殺菌剤の一種です。

テスラは1800年代後半から1900年代前半にかけて、オゾンを使った病気や若返りの実験に成功していました。20年代から30年代にかけて、病院や診療所、療養所などで酸素ゾーン療法が行われていた。

20世紀後半になると、フレクスナー報告により、医学校では致命的なアロパシー以外のすべてのことを教えることが禁止され、薬物を中心とした医療が流行したため、製薬会社はすべての電気療法を軽視するようになりました。

テスラは、高電位の電流を体内に流しても無害であることを直感した。「これらの電流は電気治療に使えるかもしれない」と直感した。
彼は自分自身で実験してみた。
テスラは、街中でニューヨークのタクシーにはねられたとき、医師に引き渡すのではなく、自分でホテルの部屋まで行って、ひっそりと自分の電気治療の助けを借りて、骨折や打撲傷から回復したのです。

その7年後、テスラはアメリカ電気治療協会で講演し、この目的のために発明したテスラコイルを含むバイオレットレイ装置の詳細を図面付きで説明しているのです。

バイオレットレイを禁止したのは、ロックフェラー家やカーネギー家が依頼したアブラハム・フレクスナーという偽医者である。
1910年に発表されたフレクスナー報告書では、医薬品やアロパシーの段階で、多くの代替療法が「Quack」とみなされ、これらの療法を教えていた学校からAMAの認証が取り除かれ、それらを使用していた医師が潰されました。オゾン療法と電気療法が「禁止」されているのは、世界でもアメリカだけです。
リロイ・スプリンゲット氏より

数日前に特許ができました。
ヒールライトはすべてのウイルス感染症を治す可能性があります。
誰もがすぐに大きな製薬会社のワクチンを必要としなくなるでしょう。
添付の特許をご覧ください。

 

 

 

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

The Violet Ray was originally developed by the famous scientist Nikola Tesla.

Tesla coil violet ray technology creates ozone penetrating the skin, can act as a disinfectant in the cells of the body.

Research found ozone kills CoVid19 in the cells.
A form of light disinfectant.

Tesla was successfully experimenting on disease and rejuvenation with ozone in the late 1800s and early 1900s. In the 20s and 30s, Oxygen-Zone Therapy was used in hospitals, clinics and sanitariums.

In the second half of the 20th century, pharmaceutical companies started disparaging all electro-therapies as drug-oriented medicine was taking off under the Flexner Report which banned everything from being taught in Medical Schools besides deadly allopathy`.

Tesla had a hunch that, since his high-potential currents could be passed into the body harmlessly: "these currents might lend themselves to electro-therapeutic uses."
He experimented upon himself.
When Tesla was struck down in the streets by a New York taxi, he didn’t deliver himself over to the medicals but dragged himself up to his hotel room where, in seclusion and with the help of his own electrotherapy, he recovered from his fractures and contusions.

He never patented in electrotherapy but in 1891 began publishing his observations in technical journals, and seven years later we find Tesla giving a speech to the American Electro-Therapeutic Association in which he details with drawings the Violet Ray apparatus he has invented for this purpose, which included a Tesla coil.

The Violet Ray was ultimately banned by a fake doctor commissioned by the Rockefellers & Carnegies named Abraham Flexner.
In his Flexner Report of 1910, the stage was set for pharmaceuticals & allopathy with many alternative healing modalities deemed “Quack” thus removing AMA certification from schools who taught these therapies & destroying the doctors who used them. The USA is the only country in the world where Ozone Therapy and Electrotherapy are “banned”.
Via Leroy Springett

A patent was created a few days ago.
Healight has the potential to cure all viral infections.
No-one will need big pharma vaccins soon.
See patent attached:

https://www.sec.gov/Archives/edgar/data/1385818/000165495420004215/aytu_ex991.htm

Also:

https://vitalitymagazine.com/article/the-vital-light-of-nikola-tesla-healing-power-of-ultraviolet-light/amp/

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6122858/

 

 

🙏💗💫
 

vitalitymagazine.com

Intergalactic SpaceForce - Galactic Federation –Special Command
31 450 subscribers