げどく

以下引用

自然の薬草の生命力、37憶年も生き延びたそれらの秘密はその液体免役にあった。

多様なものが知られるが、それらの中には免役を増大させ体内の解毒機能を高めるものがある。

 

その筆頭が冬虫夏草であり、エゾウコギであり、トウジンであり、霊芝であった。

さらに日本で発見された日本山人参、明日葉、長命薬、ヨモギ青汁、シイタケ、キノコ類、

ツル人参、高麗人参、田七人参、チョウセンゴミシ、タラノ木、

 

そしてその生体抵抗力を支える薬物が、松葉であり、フキでありタンポポ、オトコエシ、ウド、アザミ、クロマメ、ナツメであった。

これらには強烈な解毒作用がある。

さらにトクダミをオオバコ、ユキノシタツユクサなどがそれだ。

 

生体低下と解毒作用のある薬物との複合的な併用、これらのいずれかが救世主となる可能性がある。

ameblo.jp