いんふるえんざ

 

コロ対策では、インフルエンザの患者数が劇的に減少し、地域社会からウイルスが根絶されたのではないかと思われるという、珍しい明るい兆しが見えています。
2019年6月には60000件近くあったインフルエンザの症例が、先月はわずか52件しか検出されませんでした。
バクスター教授によると、過去にはインフルエンザを予防する方法に十分な注意が払われておらず、高齢者が死亡することが受け入れられていたという。

 

a rare silver lining of coronavirus restrictions has been that cases of the flu have dropped so dramatically, its suspected the virus could have been eradicated from the community
last month there were just 52 cases of influenza detected, compared with almost 60000 in june 2019
in the past , professor baxter said not enough attention had been given to how the flu could be prevented, and it was just accepted that it killed older people