さよなら

毎週土曜の8時をワクワクして待っていた子供時代から、ずっと見てきた人が急にいなくなった。

いっしょに東村山音頭を歌ったり、カラスのかえ歌をしつこいほど歌って親にうるさがられたり。

言葉もなく寝顔も見せず今日ほねになったという。

さびしい。