災難をのがるる妙法

地しんは信(まこと)に大変に候。野僧(=私)草庵ハ何事なく、親るい中、死人もなく、めで度存候。

しかし、災難に逢(あふ)時節には、災難に逢がよく候。死ぬ時節には、死ぬがよく候。是ハこれ災難をのがるる妙法にて候。かしこ

   

~文政11(1828)年の越後三条地震の後に良寛さんが友人に宛てたもの

 

良寛様の書

良寛様の書