てつ ふぇりちん まぐねっとたんぱく

ameblo.jp

以下引用

大学時代、一般教養で履修した化学の授業で、教授が「たとえば金は、通常は磁性を持たない。しかしナノレベルでは磁性を持つ」と言っていたのが意外で、印象に残っている。

フェリチン高値は、どうやらコロナ重症化のリスク因子らしいというのだから、騒ぎが起きないわけがない。鉄剤礼賛から一転、今度は鉄剤忌避が始まるという、極端な揺り戻しが起こった。いい加減、極端から極端に走るの、やめませんか(笑)

しかし今や、新型コロナワクチンにフェリチンが使われていることは、秘密でも何でもなくなった

 2016年にはこんな記事が出ていた。

『遺伝子組み換えされた”マグネットタンパク“が脳や行動を遠隔操作する』

ameblo.jp