流星ひとつ

藤圭子のことがとても好きになった本。

なんというかとても純粋な人なのだ。

子供のころを思い出すような気持になった。

流星ひとつ (新潮文庫)

流星ひとつ (新潮文庫)