見ることは 在ること

まどさんの詩「せんねんまんねん」

最後の数行でなにかほっとして笑みがこぼれた

それは大自然が人智を超えて在ってくれたことへの感謝

これからも在ってほしいことへの祈り

小さな祈りかもしれないが

それが在る事へ感謝をしてそれを見ることをやめない

未来永劫

~~~~~~~~~~~~~~~

 

せんねん まんねん

            詩:まどみちお

いつかのっぽのヤシの木になるために

そのヤシのみが地べたに落ちる

その地ひびきでミミズがとびだす

そのミミズをヘビがのむ

その蛇をワニがのむ

そのワニを川がのむ

その川の岸ののっぽのヤシの木の中を

昇っていくのは

今まで土の中でうたっていた清水

その清水は昇って昇って昇りつづけて

ヤシのみの中で眠る

その眠りが夢でいっぱいになると

いつかのっぽのヤシの木になるために

そのヤシのみが地べたに落ちる

その地ひびきでミミズがとびだす

そのミミズをヘビがのむ

その蛇をワニがのむ

そのワニを川がのむ

その川の岸に

まだ人がやって来なかったころの

はるなつあきふゆ はるなつあきふゆの

ながいみじかい せんねんまんねん

 

まど・みちお画集 とおい ところ

まど・みちお画集 とおい ところ

 

  

せんねんまんねん (まど・みちおの絵本)

せんねんまんねん (まど・みちおの絵本)