荒城の月

春高楼の 花の宴
巡る盃  影さして
千代の松が枝(え) 分け出でし
昔の光 今いずこ

秋陣営の 霜の色
鳴きゆく雁の 数見せて
植うる剣に 照り沿いし
昔の光 今いずこ

今荒城の 夜半(よわ)の月
変わらぬ光 誰(た)がためぞ
垣に残るは ただ葛(かずら)
松に歌う(うとう)は ただ嵐

天上影は 変わらねど
栄枯は移る 世の姿
映さんとてか 今も尚
ああ荒城の 夜半の月


荒城の月(初音ミクVer.) - YouTube