うたとか

雨ふりお月さん

雨降りお月さん - YouTube

こいのぼり

鯉のぼり 田端典子 文部省唱歌 - YouTube

ふるさと

うさぎおいしかのやま こぶなつりしかのかわ ゆめはいまもめぐりて わすれがたきふるさと いかにいますちちはは つつがなしやともがき あめにかぜにつけても おもいいずるふるさと こころざしをはたして いつのひにかかえらん やまはあおきふるさと みずはき…

荒城の月

春高楼の 花の宴 巡る盃 影さして千代の松が枝(え) 分け出でし昔の光 今いずこ 秋陣営の 霜の色 鳴きゆく雁の 数見せて植うる剣に 照り沿いし昔の光 今いずこ 今荒城の 夜半(よわ)の月 変わらぬ光 誰(た)がためぞ垣に残るは ただ葛(かずら) 松に歌う…

おぼろ月夜

菜の花畠に 入日薄れ見渡す山の端 霞深し春風そよ吹く 空を見れば夕月かかりて 匂い淡し里わの灯影も 森の色も田中の小道を 辿る人も蛙の鳴く音も 鐘の音もさながら霞める おぼろ月夜 作詞 高野辰之作曲 岡野貞一 初音ミクで朧月夜 - YouTube

やしのみ

名も知らぬ 遠き島より流れ寄る 椰子の実一つ 故郷の岸を 離れて汝(なれ)はそも 波に幾月(いくつき) 旧(もと)の木は 生いや茂れる枝はなお 影をやなせる われもまた 渚(なぎさ)を枕 孤身(ひとりみ)の 浮寝(うきね)の旅ぞ 実をとりて 胸にあつれば新(あらた…

はまべのうた

あした浜辺を さまよえば昔のことぞ 忍ばるる風の音よ 雲のさまよ寄する波も 貝の色もゆうべ浜辺を もとおれば昔の人ぞ 忍ばるる寄する波よ 返す波よ月の色も 星のかげもはやちたちまち 波を吹き赤裳のすそぞ ぬれもせじやみし我は すべていえて浜辺の真砂 …

なつはきぬ

うのはなのにおうかきねに ほととぎすはやもきなきて しのびねもらす なつはきぬ さみだれのそそぐやまだに さおとめがもすそぬらして たまなえううる なつはきぬ たちばなのかおるのきばの まどちかくほたるとびかい おこたりいさむる なつはきぬ おうちち…

大祓詞

たかあまはらにかむづまります 高天原に神留まり坐す すめらがむつかむろぎかむろみのみこともちてやほよろづのかみたちを 皇が親神漏岐神漏美の命以て八百万神等を かむつどへにつどへたまひ かむはかりにはかりたまひて あがすめみまのみことは 神集へに集…

天津祝詞

たかあまのはらにかむづまります 高天原爾神留坐須かむろぎかむろみのみこともちて神漏岐神漏美乃命以知氐すめみおやかむいさなぎのみこと 皇親神伊邪那岐乃命つくしのひむかのたちばなの筑紫乃日向乃橘乃おどのあはぎはらに小門乃阿波岐原爾みそぎはらひた…

こがねむし

こがねむしは かねもちだ かねぐらたてた くらたてた あめやでみずあめ かってきた こがねむしは かねもちだ かねぐらたてた くらたてた こどもにみずあめ なめさせた

ゆりかごのうた

ゆりかごの うたをカナリヤが うたうよねんねこねんねこ ねんねこよゆりかごの 上にびわのみが ゆれるよねんねこねんねこ ねんねこよゆりかごの つなを木ねずみが ゆするよねんねこねんねこ ねんねこよゆりかごの ゆめにきいろい月が かかるよねんねこねんね…

背くらべ

はしらのきずは おととしの五月五日の せいくらべちまきたべたべ にいさんがはかってくれた せいのたけきのうくらべりゃ なんのことやっとはおりの ひものたけはしらにもたれりゃ すぐみえるとおいお山も せいくらべくもの上まで かおだしててんでにせのび …

仰げば尊し

松竹映画 「 二十四の瞳 」 仰げば尊し - YouTube アンジェラ・アキ 仰げば尊し ~卒業~ - YouTube